さっきの新年のご挨拶だとちょっとホントにあれなので(笑)

 

昨年は「緒田マリ勉強会」を通じて色々とマリも勉強をさせて頂きました。

もちろん人を教える難しさも痛感しましたし、

今まで自分が普通にしていたことをどういう風に言葉にして表したら相手に伝わるのかとか、真剣に悩んだりもしました。

 

実は、それには反面教師というか、過去にこんな事を経験してまして(^-^;

 

学生の頃、教えるのが下手な数学の先生がいたんですが、

その先生が言ったのが「何でこれが分からないのかが分からないから教えようがない」でした…(;´・ω・)

どうやらその先生は、数学が理解できない生徒の事が理解できなかったみたいです。

マリはどちらかというと文系だったんで、その先生の授業が大嫌いでした。

だって、出来て当然って感じで授業が進むんですもん…。

当然、その先生のテストの結果は散々…。

それも、クラスの三分の一近くが0点や、一桁台が続出…(-_-;)

平均点が30点台という異常事態発生…。

 

で、その先生逆切れ。

「わざとこんな点数を取ったのか」って…。

いやいや、誰も貴女を陥れるために自分の内申が悪くなるような結果を出さないでしょ。

 

その時になんでこの人教師になったんだろうって心の底から思ってました。

自分の授業で、自分の得意科目を教えてるのに、その教科を嫌いにさせてどうするんだって。

 

なので、マリは出来るだけ今目の前にいる人に分かる言葉で伝えようと意識して勉強会をしています。

人間、それぞれ癖があるし、言い回しが違うだけで同じことを伝えようとしていることもあるので、生徒の言葉を聞き逃さず、相手に伝わるよう努力をしています。

と、言ってもマリの勉強会に来てくれている方々はなんだかんだでお仕事している方々が多いので、そんなに苦労はしていないんですけどね(^-^;

勘が良い方が多いので助かっています(*^^)v

 

どこまでマリの技術を教えるべきなのかとか最初は考えてましたけど、

同業者に「自分のライバル育ててどうするの?」って言われましたけど、

でもね、今通ってくれている彼女たちが可愛くて可愛くてしょうがないのですよ♪

 

オーディションに受かったとか、この間の現場で褒められたとか、今まで辛かった作業が楽になったとか、色々な取り組み方が分かって体の負担が少なくなったとか、彼女たちから報告をもらう度に、「ああ、勉強会始めて良かったな」って本気で思ってます。

 

まだまだ長年の癖が抜けない方や、迷っている方もいるので出来たら一緒に成長していけたらと思ってます。

 

あ…、あれ?

なんかちょっと真面目に語り過ぎたかしら?(笑)

 

と、いうことで今年も声優のお仕事同様、緒田マリ勉強会も頑張って行きたいと思っております!

きゃ♪( *´艸`)

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.hightention.chu.jp/trackback/1201250

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

応援中

2011.4.28発売のNavel新作『SHUFFLE! Love Rainbow』を応援しています!

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM